top of page

ラブピの全国アンケート! 40〜50代女性の1000人に聞いた、からだのこと、セルフプレジャーのこと

ラブピースクラブ代表:北原みのり




ラブピースクラブでは10月の世界メノポーズデーに、全国の40〜50代の女性1000人にアンケートをとりました。 目的は、アンケートを通して「GSM=閉経関連泌尿路性器症候群 」について、より広く知ってもらいたいというものです。 GSM(Genitourinary syndrome of menopause) とは、更年期世代が感じる膣の乾燥や萎縮や尿漏れなどといった、デリケートゾーンの不快な症状です。 本アンケートは、GSMに関する日本で初めての大規模なアンケートになります。 この世代の女性が感じているリアルな現実とはどのようなものか・・・アンケート結果を読み解いていきます! 質問は以下の15問です。 Q1:あなたは更年期症状として、デリケートゾーンに不調が生じることを(GSM=閉経関連泌尿生殖器症候群と呼ばれています)を知っていますか?

Q2:あなたは自身のデリケートゾーンの変化や不調を自覚していますか?

Q3:あなたはGSMにより、行動を制限された経験がありますか?

Q4:あなたがGSMにより、制限された経験を教えてください。

Q5:あなたが経験したことがある症状を教えて下さい。

Q6:あなたがデリケートゾーンの不調を感じた際の行動を教えてください。

Q7:あなたはデリケートゾーンケアアイテムを使用したことはありますか?

Q8:あなたが使用したことがあるデリケートゾーンアイテムを教えてください。

Q9:デリケートゾーンケアアイテムの使用により、あなたのトラブルは解決しましたか?

Q10:あなたはGSMが性生活に影響を与えていると思いますか?

Q11:あなたはGSMが性生活にどのような影響を与えていると思いますか?

Q12:あなたは「性交痛」にどのように対処していますか?

Q13:あなたは性生活が自分の健康に良い影響を与えると思いますか?

Q14:あなたはセルフプレジャー(マスターベーション)に関心がありますか?

Q15:あなたはセルフプレジャー(マスターベーション)をどういう時にしますか?

◇更年期の膣は乾きやすく、痒みや痛みを伴います。それでも女性たちの多くは、我慢して、そして諦めています◇ Q1「更年期症状としてデリケートゾーンに不調が生じることを知っていますか?」


「知らない」と答えた人が8割以上、圧倒的多数でした。 更年期といえば「ホットフラッシュ」「気分の落ち込み」などが一般的に言われます。また、「閉経してからが更年期」と思っている女性も少なくありません。そのため、GSMが起きていても、それが更年期によるものだとわからないまま放置してしまうことが多いのかもしれません。 それでは、実際、デリケートゾーンの変化を実感している方はどのくらいいるでしょうか?  Q2「デリケートゾーンの不調や変化を自覚していますか?」


約3割の女性がデリケートゾーンの不調や変化を自覚していると答えています。少ないようにも思いますが、多くの女性が10代の頃から、生理痛をはじめ、きついオリモノや、膀胱炎、性感染症など・・・デリケートゾーンの不調を体験しています。そういう意味で、この世代特有の不調や変化については自覚しにくいとも考えられます。 Q5「どのような症状がありますか?」 変化を自覚していないという方でも、具体的な症状を聞くと(複数回答OK)、様々な症状を訴える声がでてきました。 ガスが溜まる→26.4% 外陰部の痒み→23.6% 尿漏れ→20.2% 頻尿→16.7% 性欲の低下→13.7% 性交痛→11.0% 膣の痒み→10.3% 外陰部のたるみ→6.6% 膣のゆるみ→5.6% 外陰部の乾燥→5.0% ガスが溜まる=おならが我慢できなくなるのも、骨盤底筋の緩みからくるGSMの一つです。 この結果からは、不調や変化は自覚していないが、痒い、尿漏れ、頻尿などの経験はしている・・・という女性が多いことがわかります。


Q6「デリケートゾーンの不調を感じたときの行動を教えてください」 それではデリケートゾーンの不調を感じたときに、女性たちはどうしているのでしょう?  その問いには驚くような結果が出ました。なんと、 56%の女性が我慢している、諦めていると答えたのです。

ラブピースクラブでは多くの女性たちと性の話をする機会がありますが、本当に女性たちは驚くほど我慢しています。痛いのも、痒いのも、不快なのも・・・少しくらいなら我慢する、特に性のことは我慢する、諦める、というのが身についてしまっているのかもしれません。

◇フェムケアアイテムの満足度は7割以上◇ Q7「あなたはデリケートゾーンケアアイテムを使用したことはありますか?」→YES 18% Q8「あなたが使用したことがあるデリケートゾーンアイテムを教えてください」



Q9「デリケートゾーンケアアイテムの使用により、あなたのトラブルは解決しましたか?」→YES 70% 諦めている、我慢しているという回答が圧倒的多数でしたが、そのなかでも、フェムケア用品を使ったことがありますか? という問いにYESと答えた18%の女性の7割が、「フェムケアを使って症状が改善した」と答えています。 使われているフェムケアアイテムは、デリケートゾーン専用ソープが圧倒的多数でした。 フェムケアアイテムを扱うラブピースクラブとしてはとても気になる問いでした。更年期世代の人にこそ、フェムケアには関心を持っていただきたいと思いながら、なかなか届かないことを実感しています。それでも、フェムケアアイテムを手にした人の7割が「トラブルが解決した」と実感していることは大きいです。

◇GSMで一番変わったことは・・・パートナーとの関係だった◇ Q3「あなたはGSMにより、行動を制限された経験がありますか? 」→YES 4.1% GSMにより、制限されたことがあるかとの問いに「ある」と答えた方はわずか4.1%でした。

当初の予測では、頻尿や尿漏れなどで外出が制限されるのではないか、という予測を私たちはたてていましたが、まだ40代50代では、そこまで重症な状況ではないのだと思います。 ただ予想に反していたのは、制限されたと答えた方の半数近くが同じ経験をしていたことです。

Q4「あなたがGSMにより、制限された経験を教えてください」


GSMで制限されたこととして半数近くが、「パートナーとのセックス」と回答しました。 また、「制限された」とは考えてはいなくても、15.7%の女性が「GSMが性生活に影響を与えた」と考えています(Q10)。

GSMの症状である膣の痛み、萎縮が、女性の性機能を狭め、性生活を大きく制限する可能性があるのです。 ただ、「性機能」といえば男性のことばかりが医学的にも社会学的にも取り上げられてきて、女性の「性機能」については真面目に考えられることはありませんでした。一方で、男性の性機能障害については、たとえば女性の多くが経験するPMSに関する研究の何倍も研究費が費やされているという報告があります。女性の性への軽視が、女性自身、「こんなものかも」という諦めを生んでしまっているのかもしれません。

◇更年期の女性は痛みを我慢し、セクシュアルウエルネスを諦めなくてはいけないの? GSMは、性生活に影響を与えることがわかりました。 今回の調査では、女性の膣の健康、性機能についても深掘りしました。 Q10「あなたはGSMが性生活に影響を与えていると思いますか?」 15.7%の女性が「影響を与えている」「どちらかというと影響を与えている」と答えました。


Q11「あなたはGSMが性生活にどのような影響を与えていると思いますか?」


GSMが性生活に影響を与えられていると考えている女性の36.2% が性欲が低下した」と答えました。 次に「肉体的な変化」が32.5%いました。セックスレスをあげた人が31.2%、性交痛が30.6%と、性欲の低下、セックスレス、性交痛はGSMで性生活が変化したと考える女性の多くが体験していることのようです。

ラブピでも性交痛を訴える女性は本当に多いです。トイよりもずっと痛みを軽減するためのローションを求める女性の方が圧倒的に多いという実感もあります。そこでこのような質問をしました。 Q12「あなたは『性交痛』にどのように対処していますか?」


驚くべきことに・・・最も多い回答が「セックスをしない」でした。性交痛が原因でセックスレスになることが、この結果からわかると思います。 また45.8%もの女性が「がまんしている」と答えたことには、それが現実とはいえあまりにも辛い結果です。

◇セックスは必要ないの? 性欲はなくなってしまうものなの? 近年、GSMについて語られるようになったは、「セクシュアルウエルネス」=性の健康、という考えが大切だという前提があるからです。性のことを、健康という面から考えていくことで、気が付かされることはたくさんあります。今回のアンケートでは、女性たちが、性についてどのように考えているのかを、率直に聞くことにしました。

Q13「あなたは性生活が自分の健康に良い影響を与えると思いますか?」

「思う」「どちらかというと思う」とポジティブな答えをしてくれた女性が34.1%いました。 正直、この問いにポジティブな答えがどのくらいあるのかわかりませんでした。「性生活」と「健康」を結びつけた問いそのものの意味が伝わらないのではないという不安もありましたが、決して少数ではない女性たちが、性生活と自身の健康を結びつけて考えていることがわかりました。 ただ「性生活」という言葉が、「相手のいる性生活」という限定で受けとめた方もいるかもしれません。その場合、決してポジティブなだけではない「性生活」が、むしろ健康を害することもあるかもしれません。そういう思いから、相手を必要としないセルフプレジャーについても、質問をしました。 Q14 あなたはセルフプレジャー(マスターベーション)に関心がありますか?


約20%の女性が「関心がある」「どちらかというと関心がある」と答えています。 20%が多いのか少ないのか、例えば20代と比べたらどうなのか、同世代の男性と比べたらどうなのかなど、この数字だけではわからないこともありますが、40代50代の女性5人に1人は、セルフプレジャーにポジティブである事実は、ラブピースクラブにとって大きな励みになるものです。 そしてこんな質問もしました。


Q15 「あなたはセルフプレジャー(マスターベーション)をどういう時にしますか?」


「性欲を感じたとき」というのは当然のように思いますが、私たちが注目したいのは二番目に多かった「深く眠りたいから」というものでした。女性によってのセルフプレジャーが、激しい性欲の昇華、というよりも、緊張を解き、深いリラックスを得られるものであることを証明するものかもしれません。 一方で、40代50代の女性たちの半数以上がセルフプレジャーをしたことがない、という事実は、改めてこの国の女性たちが、自分のからだを知ることや、自分でプレジャーを得ることをタブーにしている現実を突きつけられるものでもあります。                                                  

アンケートの結果は以上です。 今回のアンケートでは、まだまだ知られていないGSMがどのようなものかを知ること、そしてGSMの症状である女性の性機能の変調がどのような影響を与えるのかを明かにすることが目的でした。 わかったのは、40代50代の更年期世代の女性たちが性を諦め、我慢しているという現実でした。 ただ一方で、性生活は健康に良い影響を与える、と考える女性が3割いることは、そこに、本当は諦めたくない、、、という女性の本音があるように感じます。 ラブピースクラブは27年間、女性の身体に向き合ってきました。 私(北原みのり)が一人ではじめた会社ですが、今はスタッフ20名、全員女性、20代〜50代までいます。27年間、10万人以上の女性たちにセクシュアルなグッズや、フェムケア用品を販売してきました。 世代が違っても、ラブピースクラブでは日々、性の話をしています。そこで痛感するのは、世代が違っても、セクシュアリティが違っても、女性の身体で生きていることで味わう体験は、どこか似てるということ。だからこそ、女性どうしで安全な場で話し合うことが、大切。その安心感こそ、ラブピが求め続け、守り続けているものです。

性について話すのはまだまだ難しい社会かもしれません。でも、話すことでしか変わらない。理解することでしか変わらないことは大きいです。GSMだなんて言葉、私自身も今年初めて知りましたが、言葉を知る前から「知っていた現実」に名前がつけられることで、急速に見えてくるものがあります。だからこそ、私たちは語り、名前をつけ、そして、「あなたはどうしているの?」と知っていく必要があるのかもしれません。 今回のアンケートでは、そんな風に、私たちがふだん話さない、性の話、下の話、プレジャーの話を率直に聞きました。限られた質問でしたが、北海道から沖縄まで、全国の40代50代の女性たちの本音がここにあります。この本音から、さぁではどこに向かっていこうか!? をじっくり考えていきたいと思います。




コメント


bottom of page